■ サーバーメンテナンスのお知らせ(7/24(水)9時~15時) ■

ボラセパマレーシアJP

AFCチャンピオンズリーグ2023/24
グループステージI組第3節-ジョホールは蔚山現代に敗れて3位転落

2023/24シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)第3節が行われ、グループステージI組のACL5季連続出場となったジョホール・ダルル・タジムFCはアウェイでの蔚山現代FC戦に臨みましたが1-3で敗れ、勝点3のままグループ3位に順位を下げています。

ジョホールはマレーシアとの15度近い気温差に慣れるため、10月19日のマレーシアカップ準決勝ペラFC戦直後に韓国入りしていました。国内リーグでは今季優勝を既に決めており、直前のペラFC戦も4-1と快勝しています。ジョホールのエステバン・ソラリ監督は、第2節10月3日の4-2で勝利したBGパトゥム戦、そして第1節9月19日の0-1で敗れた川崎フロンターレ戦と全く同じ11名を3試合連続で先発させています。一方の蔚山現代の洪明甫(ホン・ミョンボ)監督は第2節の川崎フロンターレ戦からはヴァレリ・カザイシュヴィリに代えてグスタフ・ルドヴィグソンら5名を入れ替えています。(以下は両チームの先発XI)

ACLで2度の優勝経験を持つ蔚山現代ですが、昨季はジョホールのホームでの集中開催となっていたグループステージではジョホールに2敗しており、ジョホールがアウェイでも同様の結果を出せるのか、蔚山現代が雪辱するのかに注目が集まりましたが、試合は蔚山現代がダリヤン・ボヤニッチの左コーナーキックをジョホールDFをかわしてフリーとなったキャプテン、鄭昇炫(チョン・スンヒョン)が難なく押し込んで開始5分で先制します。

蔚山現代はさらに12分に追加点を奪います。それまでも左サイドでマレーシア代表サイドバックでもあるマシュー・デイヴィーズを圧倒していたグスタフ・ルドヴィグソンが金聖埈(キム・ソンジュン)のパスをピッチ中央で受けて抜け出すと、追い縋るデイヴィーズ選手をパワーとスキルで圧倒してゴール正面から豪快に蹴り込んで、蔚山現代がリードを広げます。さらにその6分後には韓国代表DFの鄭昇炫(チョン・スンヒョン)が自陣から送ったロングボールを左サイドで受けたルドヴィグソン選手がまたもデイヴィーズ選手を振り切ってペナルティエリアまで切り込むと、この試合2点目のゴールを決め、蔚山現代は試合開始から20分で3-0とします。

しかし蔚山現代は36分に金太煥(キム・テファン)が2枚目のイエローカードで早々と退場となり、ジョホールに有利かと思われましたが、60分近い残り時間があったものの蔚山現代の強固な守備を崩すことができず、得点したのはベルグソン・ダ・シルヴァの1得点にとどまっています。数的優位を活かせず、スタッツで見るとボールの保持率は蔚山現代40.6%に対してジョホール59.4%、シュート数では蔚山現代10本(枠内3本)、ジョホール11本(同3本)と遜色がなかったジョホールでしたが、スタッツ以上に差がついた1-3で蔚山現代に昨季の雪辱を果たされています。

通算成績を1勝2敗としたジョホールのACL次戦は、11月7日の第4節にこの日敗れた蔚山現代とホームのスルタン・イブラヒムスタジアムで対戦します。

ACL2023/24 グループステージI組 第3節
2023年10月24日@蔚山文殊サッカー競技場(韓国、蔚山広域市)
蔚山現代 3-1 ジョホール・ダルル・タジムFC
⚽️蔚山現代:鄭昇炫(チョン・スンヒョン、5分)、グスタフ・ルドヴィグソン2(12分、18分)
⚽️ジョホール:ベルグソン・ダ・シルヴァ(53分)
🟨蔚山現代(2):鄭昇炫(チョン・スンヒョン)、金太煥(キム・テファン)
🟨ジョホール(3):マシュー・デイヴィーズ、シェーン・ローリー、フェロズ・バハルディン
🟥蔚山現代(1):金太煥(キム・テファン)
🟨X2) 蔚山現代の江坂任選手は先発して90+2分に交代しています。

(この試合のハイライト映像。アストロ・アリーナの公式YouTubeチャンネルより)

I組のもう一試合は、I組首位の川崎フロンターレがBGパトゥム・ユナイテッド4発のゴールで勝利し、3連勝でI組首位を守っています。BGパトゥム・ユナイテッドは前半終了間際にイゴール・セルゲーエフのゴールで一度は同点としたものの、後半だけで3失点して敗れています。(以下は両チームの先発XI)

ACL2023/24 グループステージI組
第3節 2023年10月24日@BGスタジアム(タイ、パトゥムターニー)
BGパトゥム・ユナイテッド 2-4 川崎フロンターレ
⚽️BGパトゥム:イゴール・セルゲーエフ(45+1分)、ビクトル・カルドゾ(82分PK)
⚽️川崎:遠野大弥(14分)、橘田健人(52分)、マルシーニョ(68分)、大南拓磨(77分)
🟨BGパトゥム(1)ワリス・チョルトン
🟨川崎(4):鄭成龍(チョン・ソンリョン)、ジェジエウ、高井幸大、脇坂泰斗

ACL2023/24 グループステージI組順位(第3節終了)

順位 チーム 勝点
1 川崎F 3 3 0 0 6 2 4 9
2 蔚山現代 3 2 0 1 6 3 3 6
3 ジョホール 3 1 0 2 5 6 -1 3
4 BGパトゥムU 3 0 0 3 5 11 -6 0
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ