■ サーバーメンテナンスのお知らせ(7/24(水)9時~15時) ■

ベトナムフットボールダイジェスト+

日ASEAN U-19女子サッカー大会、ベトナムは初戦ミャンマーとスコアレスドロー

「JENESYS2018日ASEAN U-19女子サッカー交流大会」が沖縄で開幕した。今大会は、日本サッカー協会(JFA)が、外務省の推進する対日理解促進交流プログラム「JENESYS2018」に協力し、サッカーを通じて日本とASEAN諸国間のユース年代の交流促進を図るために開催するもの。今大会に出場中のU-19ベトナム女子代表は、3月2日に行われたグループAの初戦でU-19ミャンマー女子代表と対戦しスコアレスで引き分けた。

今大会を4月末に開催されるAFC U-19女子選手権2次予選に向けた準備と位置付けているベトナムは、初戦からさっそく戦術と戦力のテストを行った。対戦相手のミャンマーはフィジカルが優れたチーム。ベトナムは組織的なプレーで対抗して、互いに何度も決定機を作ったが、どちらもあと一歩が決めきれず、試合は0-0のままホイッスル。

なお、同日行われたグループAのもう一試合は、U-19日本女子代表がU-19タイ女子代表に4-0で大勝している。ベトナムは3月3日に行われる今大会第2戦で沖縄県高校女子選抜と対戦する。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ