■ サーバーメンテナンスのお知らせ(7/24(水)9時~15時) ■

フットボールフィリピン

フィリピンフットボールリーグ|リーグの再編についてのマニラ発最新情報(5月5日現在)

フィリピンプレミアリーグの運営事業者(トリプルCHホールディングス社:バーニー・スマヤオ代表)との契約を解除したフィリピンサッカー連盟は5日、クラブライセンスを発給した5チームの代表者を招集し、国内リーグの再編についての緊急会議を開催した。

招集された5チームは、セレス・ネグロス、カヤ・イロイロ、スタリオン・ラグーナ、グローバル・マカティ、グリーン・アーチャーズとされており、クラブライセンスが発給されていないメンディオーラとフィリピン・エアフォースの2チームは連盟から招集されていない。

緊急会議で議論された内容は公表されていないが、マニラ界隈での情報をまとめると以下の内容が話し合われたようだ。(以下、箇条書き)

(残り 694文字/全文: 1001文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ