■ サーバーメンテナンスのお知らせ(7/24(水)9時~15時) ■

ベトナムフットボールダイジェスト+

U-22トルシエ・ベトナム、SEA Games前国内最後のトレーニングマッチでBRVTに0-1敗戦

5月に開幕する第32回東南アジア競技大会(SEA Games 32)に向けて東南部バリア・ブンタウ省で合宿中のU-22ベトナム代表は4月24日、ベトナム2部バリア・ブンタウ(BRVT)と非公開のトレーニングマッチを行って0-1で敗れた。これは大会前の国内最後のトレーニングマッチだった。

Photo:VFF

トルシエ監督はこれに先立ち行われたベトナム1部ホーチミン・シティ(HCMC)とのトレーニングマッチ(2-3でU-22ベトナム代表の敗戦)からスタメン11人を入れ替えて、BRVTとの試合に臨んだ。

強度の高いフィジカルトレーニングにより、疲労が蓄積しているU-22ベトナム代表の面々は前半あまり動きがよくなく、BRVTの守備網を突破することが出来ず、殆ど手詰まりのような状態が続いた。

一方のBRVTは前半23分、五輪世代のFWグエン・カイン・ズイのゴールで先制。後半に入ると、U-22ベトナム代表も修正してきて中盤でボールが回るようになったが、攻撃の決め手に欠いて無得点のまま終了。結局、試合は0-1でU-22ベトナム代表が敗れて、課題が残る内容となった。

トルシエ監督の就任後、U-22ベトナム代表はドーハカップで3戦全敗。国内のトレーニングマッチでも就任後最初の実戦となった2部フートFCとの試合に2-1で勝利した後は、全て敗れている。

なお、U-22ベトナム代表はこの後、4月25日午後にホーチミン市に移動し、翌26日朝に大会開催地のカンボジアに向かう。

 3大会連続の金メダル獲得を目指すベトナムは今大会のグループリーグで、タイ、マレーシア、シンガポール、ラオスと同じグループBに入っている。初戦は4月30日のラオス戦。トルシエ監督はこの試合前日までに、大会の最終登録メンバー20人+予備GK1人のリストを発表する。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ