■ サーバーメンテナンスのお知らせ(7/24(水)9時~15時) ■

ベトナムフットボールダイジェスト+

サッカー:ヴァンクエン選手の活躍で、東南アジアの”獅子”を下す

第23回東南アジア競技大会2005(SEA Games)
サッカー競技

ベトナム-シンガポール:2-1

第23回SEA Gamesのサッカー競技が始まった。ベトナム代表にとって初戦となるシンガポール戦が21日開催され、初戦を見事勝利で飾った。

試合概況

スロースターターが多いこと、相手の選手の積極的で激しいプレー、さらにはグランド状況の悪さによって、ベトナムは前半1点を先取され苦難を強いられた。しかし、前半ロスタイム中のヴァン・クエン選手の同点ゴールによって、ベトナムの選手達の動きがよくなり、後半の息詰まる中、ヴァン・クエン選手がヘディングシュートを決め、逆転した。

リードル監督にとって喜ぶべきことは、ベトナムの選手たちが強敵シンガポールと対等に戦えたことだ。ベトナム選手が慣れてきた後で、シンガポールの選手は、空中戦を多く挑んで、ベトナムを阻止した。しかし、2004年のタイガーカップでシンガポールを優勝に導いたこの戦術はベトナムによって破られた。ただ、その後で追加点を取れなかったことは今後の課題となるだろう。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ