■ サーバーメンテナンスのお知らせ(7/24(水)9時~15時) ■

ベトナムフットボールダイジェスト+

【W杯アジア2次予選】ベトナム代表キム監督「直近の対戦で2度イラクに負けているが、その時は自分が監督ではなかった」

FIFAワールドカップ・アジア2次予選グループFの最終節となる第6節イラク戦を明日に控え、ベトナム代表キム・サンシク監督が前日会見に臨んだ。6月6日にホームで行われた第5節フィリピン戦で3-2の逆転勝利を収めて初陣を白星で飾ったキム・ベトナムだが、敵地で臨むイラク戦は大きな試練となる。試合はベトナム時間6月12日1時キックオフ。

Photo:VFF

ベトナムは第5節を終えた現時点で2勝3敗という成績で、同組3位につけている。予選突破ラインにいる2位インドネシアとの勝ち点差はわずか1だが、ベトナムの対戦相手は5連勝で既に突破を決めている首位イラク、インドネシアの対戦相手は既に敗退が決まっている最下位フィリピンと、ベトナムが不利な状況。キム監督は就任後すぐに迎えたこの大一番に向けて次のように語った。

「フィリピン戦を終えて、ベトナムにも突破の可能性が見えてきた。我々は希望を胸にイラクに来た。6万5000のホームサポーターの声援を受ける強敵イラクと対戦するに当たり、我々も入念な準備をしてきた。ベトナムも強いチームであり、勝利のために、ここに来た。この目標を達成できると信じている。」

(残り 399文字/全文: 959文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ