ベトナムフットボールダイジェスト+

英4部ミルトン・キーンズ・ドンズFCの下部組織でプレーする越僑2選手を紹介

世界に散らばる越僑選手を紹介している「Vietnam Football Scout」によると、イングランド4部ミルトン・キーンズ・ドンズFCの下部組織に越僑選手2人が所属している。

1人目(写真左)は、175cmの守備的MFダニエル・ムーア(17歳)。ベトナム人の母親とイギリス人の父親の間に生まれたハーフで、現在はU-17ミルトン・キーンズ・ドンズに所属。

2人目(写真右)は、172cmの左SBトン・タット・カイン・ロン(17歳)。両親はともにベトナム人で、同じくU-17ミルトン・キーンズ・ドンズに所属している。

両選手はいずれもイングランドで生まれ育った。従弟関係にある両選手は、幼少期から地元クラブであるミルトン・キーンズ・ドンズFCの下部組織でトレーニングを続けてきたという。現時点で両選手はベトナム国籍を保有していないが、家族は今後、必要な時が訪れたら、国籍取得手続きを始める用意があるとしている。

Photo:VFS

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ