ベトナムフットボールダイジェスト+

ベトナム代表、6月のW杯アジア2次予選に向けたメンバー27人を発表、怪我の横浜FCグエン・コン・フオンは落選

ベトナム代表キム・サンシク監督は5月27日、6月中に開催されるFIFAワールドカップ・アジア2次予選に向けたベトナム代表メンバー27人のリストを発表した。

GKグエン・フィリップ(ハノイ公安)やGKダン・バン・ラム(ビンディン)、DFブイ・ホアン・ベト・アイン(ハノイ公安)、MFグエン・ホアン・ドゥック(ベトテル)、MFグエン・クアン・ハイ(ハノイ公安)、FWグエン・バン・トアン(ナムディン)、FWグエン・ティエン・リン(ビンズオン)ら常連組が順当に選出された。

Photo:VFF

この他では、MFトー・バン・ブー(ナムディン)が2年ぶりの代表復帰を果たした。A代表の将来を担うU-23組も多数選出されており、GKクアン・バン・チュアン(ハノイ)、DFファン・トゥアン・タイ(ベトテル)、MFクアット・バン・カン(ベトテル)、MFグエン・タイ・ソン(タインホア)、FWブイ・ヴィ・ハオ(ビンズオン)などがリストに名を連ねた。

一方で、キャプテンのDFクエ・ゴック・ハイ(ビンズオン)やDFドアン・バン・ハウ(ハノイ公安)、FWグエン・ディン・バック(クアンナム)、FWグエン・コン・フオン(横浜FC)と言った面々が怪我で落選となっている。また、直近のリーグ戦でゴールを量産しているFWグエン・バン・クエットも落選となった。同選手は国内屈指のストライカーと評価されており、かつては代表でも10番をつけていたが、パク政権とトルシエ政権では、ほとんど招集されなかった。

計画では、ベトナム代表は6月1日に招集され、6月6日にホームで開催されるグループF第5節フィリピン戦に向けた準備を開始する。その後、ベトナム代表は6月12日にアウェイで開催される第6節でイラク代表と対戦。なお、ベトナムは同予選でここまで、1勝3敗でグループFの3位につけており、既に自力突破の可能性はなく、2次予選突破はかなり厳しい状況となっている。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ