ベトナムフットボールダイジェスト+

鮮やか逆転劇のハノイFC岩政監督「カップ戦でナムディンとベトテルにもリベンジしたい」

岩政大樹監督が率いるハノイFCは、5月21日にホームのハンダイ・スタジアムで行われたVリーグ第20節でドンア・タインホアFCと対戦して2-1で逆転勝ちを収めた。この試合では、キャプテンを務めるMFグエン・バン・クエットが2ゴールの活躍。2試合連続のゴールで代表復帰に向けて猛アピールした。試合後の記者会見で岩政監督は以下のように語っている。

Photo:TheThao247

-グエン・バン・クエットが好調を維持して今日もゴールを決めました。彼の影響力と代表復帰の可能性をどう見ていますか?

「代表については代表監督次第なので、僕が決める立場にありませんし、そこはコメントするつもりはないです。ハノイFCにおいては、彼はキャプテンでもあり、チームの戦術的な柱でもあります。我々がやっている相手を崩しきるサッカーの中では、彼のような選手が非常に重要だと思っています。従来のロングボールスタイルではなく、今のような繋ぐスタイルの中でこそ輝く選手だと思って期待して起用しています。」

「彼自身もこのようなサッカーをしたいと以前から考えていて、今は楽しみながらプレーしてくれていますので、それがゴールやアシストといった結果にも繋がっています。彼とはよく話をしますが、他の選手に見えていないものが、よく見えていると感じます。加えてリーダーシップも発揮してくれていますし、チームにとって重要な選手です。」

(残り 1289文字/全文: 1949文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ