ベトナムフットボールダイジェスト+

ホームで快勝のハノイFC岩政監督「個人的には2点では物足りない」決定力不足の原因も指摘

岩政大樹監督が率いるハノイFCは、5月17日にホームのハンダイ・スタジアムで行われたVリーグ第19節でLPバンク-ホアン・アイン・ザライ(LPB-HAGL)と対戦して2-0で勝利した。この結果、ハノイFCは8勝8敗3分と勝率を5割に戻して6位に浮上し、上位との差を縮めた。

Photo:bongdadoisong

試合後の記者会見で岩政監督は以下のように語っている。

-今日の90分の試合を通して、どう評価しますか?

「選手たちは90分を通して、自分たちのフットボールを貫くという要求を満たしてくれたと思います。これまでの試合では、良い時間帯もありましたが、それが90分続かないというのがこのチームの課題としてあったので、そのメンタリティーのところで、最後までやり切ったという部分を評価したいです。ベトナム全体の課題かもしれませんが、今日の試合でも7~8点取らなければならない決定機があったと思います。個人的には2点では物足りないと思っています。」

(残り 717文字/全文: 1205文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ