ベトナムフットボールダイジェスト+

ベトナム1部SLNA、第18節が目前に迫る中で指揮官を電撃交代

ベトナム1部ソンラム・ゲアン(SLNA)は5月11日夜遅く、クラブ公式サイトを通じて指揮官の交代を発表した。Vリーグ第18節の試合を目前に控える中での監督交代劇だった。

Photo:SLNA

ファン・ニュー・トゥアット監督の後任として就任するのは、地元ゲアン省ビン市出身で、現役時代にSLNAで活躍したファム・アイン・トゥアン氏。同氏はコーチとして豊富な経験を持つ。なお、トゥアット氏は引き続きアシスタントコーチとしてチームに残るという。

国内屈指の育成組織を持つSLNAだが、毎年のように戦力が流出することで、トップチームは近年低迷を続けている。今季は第17節を終えた現時点で14チーム中13位に低迷しており、残り9試合となる中、最下位カインホアとの勝ち点差は5となっている。特に直近8試合は勝ち星がない深刻な状況。

指揮官を交代することで、新しい風を吹かせたい考えだが、SLNAは現有戦力に乏しく、すぐ状況が改善することは難しそうだ。なお、SLNAはホームで行われる第18節でホーチミン・シティ(HCMC)を迎え撃つ。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ