■ サーバーメンテナンスのお知らせ(7/24(水)9時~15時) ■

ベトナムフットボールダイジェスト+

【ベトナムフットサルリーグ2023】3月19日に開幕、今季からホーム&アウェイを採用 外国人選手の登録も可能に

HDバンク-ベトナムフットサルリーグ大会実行委員会はこのほど、2023シーズン前期の日程を発表した。それによると、前期は3月19日~4月18日の日程で開催される。なお、フットサルリーグはこれまでセントラル方式で開催されてきたが、今大会からホーム&アウェイ方式での開催となる。

この他の注目点としては、今季から各クラブ、外国人枠1人と越僑枠1人の助っ人を登録することが可能となる。これまで国内のフットサルリーグでは外国籍選手の登録が禁止されていた。ただし、外国人選手を獲得する場合、ローカル選手の数倍の給料を支払うことになるため、資金力に余裕があるクラブしか獲得することはできないと見られる。

今季の参加チームは、◇昨季王者サハコFC、◇タイソンナムFC、◇タイソンバクFC、◇サンヴィネスト・カインホアFC、◇タンヒエップフンFC、◇カオバンFC、◇ハノイFC、◇ソンハンFCの計8チーム。このうちハノイFCとソンハンFCは今季からの参戦となる。 今季は前期と後期の2回総当たり戦で、この結果により最終順位を決定する。

ハノイFCはタイソンバクFCのユースチームで、ホーチミンのクラブからも選手を補強している。一方、ダナン市を本拠地とするソンハンFCは、昨季のリーグ得点王グエン・チャン・ズイをはじめとする元サイゴンFCのメンバーが多数所属している。サイゴンFCは昨季リーグ3位、カップ戦では優勝した強豪クラブだったが、資金難のため、昨季終了後に解散した。

前期の日程は以下の通り。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ