ベトナムフットボールダイジェスト+

【国際親善大会】ベトナムが西ヶ谷隆之監督率いるシンガポールに4-0大勝で優勝に王手

国際親善大会「フンティンカップ2022」が9月21日にホーチミン市トンニャット・スタジアムで開幕した。パク・ハンソ監督率いるベトナム代表は、初戦で西ヶ谷隆之監督率いるシンガポール代表と対戦して4-0で大勝。当落線上にいるベテランと若手がしっかり結果を残し、AFF三菱電機カップ2022でのメンバー入りに向けてアピールした。

Photo:VFF

パク監督はこの試合で、大半の主力組をベンチ入りさせず、2年ぶりに代表復帰を果たしたFWグエン・バン・クエットを先発起用したほか、東南アジア競技大会(SEA Games)を制したU-23世代のFWニャム・マイン・ズンとDFファン・トゥアン・ハイを先発させるなど、ベトナムはテスト色の濃いスタメン構成となった。

(残り 570文字/全文: 961文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ