ベトナムフットボールダイジェスト+

ベトナム代表パク監督「今後に備えてシンガポール代表の動きをよく観察したい」

ホーチミン市で9月21日に開幕する国際親善大会「フンティンカップ2022」の前日記者会見が9月20日に開かれた。今大会は開催国のベトナム代表のほかに、シンガポール代表とインド代表が出場する。

パク・ハンソ監督率いるベトナム代表は、初戦で西ヶ谷隆之監督率いるシンガポール代表と対戦。年末に開催されるAFF三菱電機カップ2022でも東南アジアの覇権を争うライバルとなる両チーム。パク監督は、明日の試合は双方がそれぞれの展望を見据えて計算しながら臨む必要があると述べた。

なお、フンティンカップ2022の開幕戦、ベトナム代表とシンガポール代表の試合は9月21日19時にホーチミン市トンニャット・スタジアムでキックオフする。

Photo:VFF

以下はパク監督のコメント内容。

初戦の対戦相手シンガポールについて・・・

「シンガポール代表はこの大会に23人の選手を連れてきた。いずれもレベルの高い選手たちだ。AFF三菱電機カップ2022では、我々は同じグループリーグに入っている。明日の試合は、双方が計算しながら臨むことになるだろう。個人的には、シンガポール代表の試合をよく観察して、相手選手の動きをチェックしたいと思っている。」

(残り 953文字/全文: 1527文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ