■ サーバーメンテナンスのお知らせ(7/24(水)9時~15時) ■

フットボールフィリピン

W杯アジア2次予選|フィリピンはシリアに5失点の大敗、格上相手の攻撃的布陣が裏目に

photo via pilipinas futbol

5日夜、W杯アジア2次予選グループリーグA組の2試合が行なわれ、ポット3のフィリピン(FIFAランク126位)とポット2のシリア(同87位)がフィリピンのパナードスタジアムで、ポット5のグアム(同190位)とポット4のモルディブ(同152位)がグアムのグアムFAフィールドで対戦した。

FIFAランクで上位のシリアをパナードスタジアムに迎い入れたフィリピンは、スペイン系ハーフのハヴィエル・パティーニョ(ラチャブリー・ミッポン)とアンヘル・ギラード(チョンブリー)を2トップに据える「3-5-2」の攻撃的布陣を選択。格上シリアを相手にギャンブルに出たかたちだ。

(残り 1434文字/全文: 1806文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ