長野県フットボールマガジン『Nマガ』

大野佑哉「正直、ボールを受けるのを怖がっていた印象はあった」【天皇杯2回戦・東京V戦/試合後コメント】

東京ヴェルディ 5-0 AC長野パルセイロ

 

――相手のシャドーにボールを受けられるシーンが多くありました。どんな対応が必要だったと捉えていますか?

前半は全体的にはうまく対応できたと思います。1失点目のシーンはガヤくん(池ヶ谷)に声をかけてボールホルダーに出せれば、ああいうふうにはならなかったです。少し後手になってしまって、僕とガヤくんが行くのか行かないのか中途半端になっていたところで、(杉井)颯の裏を取られたような形でした。

前半はそこだけだったと思います。後半は少しオープンになった中で、相手の圧力を受けてしまったと感じました。

――前半終了間際にはCKから2失点目を喫しました。試合の流れからしても痛かったところでしょうか?

前半の終盤だったので、1失点だけでハーフタイムに帰れれば、全然違うゲームになると思っていました。耐えないといけないところで、またセットプレーという形で失点しました。リーグ戦も含めてこれだけセットプレーで失点してしまうと、なかなか勝てないと感じています。

練習もしっかり集中してやっていますけど、何がいけなかったのかを反省して、もう一回やっていかないといけないです。

――奪った後のボールの質もなかなか上がらないところがありました。

正直、今日の試合はみんながボールを受けるのを怖がっていた印象はありました。後ろでボールを取って前を向いたときにも距離が遠かったり、隠れていたり――。前半はそういうところがすごく多くて、なかなかリズムを作れなかったです。いつもと違うというのは感じていて、うまく修正できればよかったですけど、ズルズルといってしまいました。これを繰り返さないようにしたいです。

――後半は怖がらずに間に立ちながら、前進できたようにも見えました。

前半と後半で少し違った感じはありました。でも相手のプレッシャーの圧もあって、いつも通りにはやらせてもらえなかった印象があります。また練習するだけだと思います。

――中3日でリーグ次節・岩手戦がありますが、そこにどう繋げていきたいですか?

二度としてはいけない内容の試合だったと思います。これをきっかけに変われたと言えるような試合にするために、しっかり結果を出したいです。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ