長野県フットボールマガジン『Nマガ』

加藤弘堅「このタイミングでヴェルディとやれたのはよかった」【天皇杯2回戦・東京V戦/試合後コメント】

東京ヴェルディ 5-0 AC長野パルセイロ

 

――システム的にもがっぷり四つの戦いとなった中で、相手はうまく立ち位置を取ってきました。それに対する難しさもありましたか?

何人か圧力に押されている感じがあって、そこを少し落ち着かせたかったです。最初の5分くらいで押し込めたときに点を取れれば――と思っていましたけど、こういう展開になって先制されました。2失点まではなんとかとも思っていましたけど、後半の早い時間帯で3点目を取られてしまいました。プラン的には難しかったと思います。

――ボランチをボランチがつかみに行くにしても、相手の立ち位置もあって難しかったように見えました。

僕らが押し出すのは簡単ですけど、そこで飛ばされてボールを収められるところにクオリティのある選手がいました。早い段階でさらに1個前に圧力をかけるのか、一個落としてそこに入れさせないようにするのか。難しかったところはあります。

そういう意味では、今日は攻守ともに思い切りが出せなかったところはあります。もっとやれた部分があったし、そういう反省はうちのチームのやり方として悔やまれます。

――後半は相手のプレスが弱まった部分もありながら、ビルドアップが活性化していました。それを前半から出していきたかったところでしょうか?

立ち上がりに少し押し込んだときにもっとうまくやれた部分はあったし、もう少しシュートで終われればと思っていました。(浮田)健誠が何本か打っていましたけど、単純に力の差もありました。もう終わったことなので、反省する部分と見習う部分を整理したほうがいいと思います。

――特徴の知れた相手との古巣戦で、改めてどのようなことを感じましたか?

いろんな意味で懐かしさが強かったです。ある意味刺激をもらったし、このタイミングでヴェルディとやれたのはチームとしても個人としてもよかったと思います。円陣のときには(杉井)颯が「J1を相手に良い経験をしただけで終わるのはやめよう。勝って帰ろう」と話していました。負けて悔しかったですけど、それをしっかり糧にして今後に生かせればと思います。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ