■ サーバーメンテナンスのお知らせ(7/24(水)9時~15時) ■

長野県フットボールマガジン『Nマガ』

髙木理己監督「J2に上がってタフな日常を手に入れるしかない」【天皇杯2回戦・東京V戦/試合後コメント】

東京ヴェルディ 5-0 AC長野パルセイロ

 

――まずは試合の総括をお願いします。

J2からJ1に上がって、これだけタフに戦っているヴェルディとの日常の差が、そのまま点差に表れたと感じました。3失点目のPKを取られたシーンは、恐らくスローインからそのまま加速されたと思います。そこでさえも止められない。それはなぜかと言えば、日常にあると。それを日常の中で近づけるのが一般論だと思いますけど、選手には「それは無理だ」という話をしました。

なぜならば我々のカテゴリーはJ3で、ヴェルディはJ1に上がった。J1に上がって勝ち点を取るというのは、どれだけ大変なことか。私も2016年に1年間だけですけど、湘南で仕事をさせてもらって身に沁みているつもりです。

唯一の解決方法は、なんとかJ2に上がってタフな日常を手に入れるしかないと話しました。選手各々で思いの丈をぶつけているとは思いますけど、一番大事なのは歯を食いしばってJ2に上がること。そうしなければ「今日のゲームはどうでした」「ああでした」という土俵にさえも上げてもらえない。そういう日常の差をヴェルディに突きつけられました。その日常を手に入れるために、明日から良い準備をしていきたいです。

――システム的にもがっぷり四つの中で、相手がプレッシャーをかけづらい立ち位置を取ってきました。そこで間を突かれる形から失点しましたが、どのようなリアクションが必要だったと捉えていますか?

自分としてはプレッシングがかかっていなかったとは思っていないです。後ろの3枚の選手のところで、染野(唯月)選手だったり山見(大登)選手、山田(剛綺)がローテーションしながらうまく背後を取ってくるのは見えていました。ただ、彼らの中でうまくリレーションして、抑えるべきはスペースなのか人なのか。藤森(亮志)だったり田中(康介)も絡みながら、うまく守れている感覚はありました。

ただその中で、彼らがインターセプトした後のボールだったり、取った瞬間のボールのところでまたすぐに攻撃を受けてしまう。一番の問題はそこだったと捉えています。奪った瞬間に弾いて加速していけるようなところで、パスのズレでロストするシーンが多く見受けられました。

あれを繰り返すと、どんなに池ヶ谷、大野、杉井のところで良い守備をしたとしても、またすぐに戻ってきてしまいます。それが繰り返された前半だったと捉えています。

そこで隠れずに弾きながら前進していくところで、西村(恭史)と山中(麗央)を入れました。ただ、スローインから加速されて3失点目を取られた時点で、これまで(ルヴァンカップで)徳島、京都、札幌と戦わせてもらいましたけど、一番圧を受けた試合だったと思っています。

――後半は山中選手や近藤貴司選手、進昂平選手が怖がらずに間でボールを受けて、チャンスも作れていました。そういった意味では形を出せた部分もあったのでしょうか?

形で言えばトライしたとは思っていますけど、そのトライしたことと引き換えに、西村と山中の中央のパスワークをかっさらわれて、木村(勇大)選手にミドルシュートを決められました。チャレンジした先でミスした後にくる責任というのは、ヴェルディはこういう基準で日本のトップリーグでやっているんだと示してくれました。我々はいまはJ3なので、しっかりと見習って次のゲームに当てていくことが、今日の90分を繋げていく意味で必要だと捉えています。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ