長野県フットボールマガジン『Nマガ』

城福ヴェルディとの真っ向勝負。橙魂結集、緑のハートを打ち砕け【天皇杯2回戦・東京V戦/マッチプレビュー】

天皇杯 2回戦
2024年6月12日(水)18:30KO
味の素フィールド西が丘

東京ヴェルディ vs AC長野パルセイロ

 

リーグ戦で連敗から脱し、中3日での天皇杯を迎える。相手はJ1で中位につける東京V。ハイインテンシティを強みとする両雄の戦いだ。ルヴァンカップ・京都戦に続くJ1撃破を目指し、勇敢に立ち向かえるか。

最終ラインが果たした責務。格上にも継続を

リバウンドメンタリティを示した。リーグ前々節・大宮戦では、首位を相手に1-4と大敗。それを踏まえての前節・YS横浜戦だったが、逆に4-0と大勝を収めたのだ。今季最多の4得点に加え、2度目のクリーンシートを達する。攻守ともに申し分ない結果で、連敗を2でストップした。

内容からすれば課題も見られた。後半は2シャドーの脇坂崚平と菊谷篤資に苦闘。互いに技術と推進力がある上、巧みに中と外を使い分けてくる。長野としては思うようにプレッシャーがかからず、加速される場面も。交代でギアを上げるまでは、押し込まれる時間も長かった。

(残り 1729文字/全文: 2164文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ