長野県フットボールマガジン『Nマガ』

髙木理己監督「良いゲームになるのは間違いないと思う」【天皇杯2回戦・東京V戦/試合前コメント】

東京ヴェルディ vs AC長野パルセイロ

 

――前節・YS横浜戦は大勝に終わりましたが、勝ちながら修正できる部分はどう捉えていますか?

まずは4点取れたこと。ワイドレーンからハーフレーンにランニングして入っていった形。そこでスコアが動いたわけではないですけど、PKを取ったシーンも(小西)陽向と忽那(喬司)が入っていった中で、ミスパスからのトランジションというところでした。我々の強みをより出していくところで言えば、4点を取った上でそういうシーンもありました。そこでもっとネットを揺らせるようになってくれば、さらに怖いチームになっていける手応えがあります。

ただ、相手がボールを持ったとき。前半はそこまで感じなかったですけど、後半になって相手が対策を取ってきて、メンバーもフレッシュにしてきた中で、我々の五角形の外側に相手のシャドーを落とされると、少しプレスに出にくくなったところはあったと思います。そこでボランチが出ないのであれば、ブロックの中に刺してくるパスに対して噛みつかないといけない。少なくともファーストディフェンダーは決めないといけない中で、ターンして最終ラインと勝負されるシーンが何回かありました。

(残り 2083文字/全文: 2626文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ