長野県フットボールマガジン『Nマガ』

大敗から立ち直り、ホームで大勝。自分たちのスタイルで打ち勝つ【J3第16節・YS横浜戦/マッチレビュー】

AC長野パルセイロ 4-0 Y.S.C.C.横浜

 

ホームでリバウンドメンタリティを示した。1-4と大敗した首位・大宮との戦いを経て、4-0と大勝。今季最多の4ゴールに加え、今季2度目のクリーンシーンもついてきた。内容からすれば物足りないほどだが、仕切り直すには十分な結果だ。

早い段階で2点を先取。後半も手堅く推移

今節の先発メンバー(長野:3-4-2-1、YS横浜:3-4-2-1)

長野は前節からスタメンを1人変更。右ウイングバックの黒石貴哉がメンバーから外れ、藤森亮志が今季初先発を果たす。一方のYS横浜は2人を入れ替え、前節負傷した小島秀仁に代わって山本凌太郎がボランチに。互いに3-4-2-1のシステムで臨んだ。

開始1分、いきなりスコアを動かす。ビルドアップから杉井颯がロングフィード。浮田健誠がフリーで抜け出すと、GKとの1対1を制する。相手の守備陣はオフサイドを主張するも、ゴールが認められた。

(残り 2023文字/全文: 2536文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ