長野県フットボールマガジン『Nマガ』

近藤貴司「練習試合で復帰するより公式戦で復帰できてよかった」【天皇杯1回戦・猿田興業戦/試合後コメント】

AC長野パルセイロ 7-0 猿田興業

 

――ケガからの復帰戦となりました。ご自身のパフォーマンスはいかがでしたか?

普通です(笑)。練習試合で復帰するよりは、公式戦で復帰できたのはよかったと思います。ここから前にやっていたようなプレーを出していければいいです。

――先制するまで少し時間はかかりましたが、決して悪い内容ではなかったように思います。

天皇杯でこういう相手とやるのが難しいというのは、1点目を取るまではみんな分かっていたと思います。それでも焦れずにやった結果、モリ(森川裕基)が決めてくれました。それからは相手もそこまでエネルギーがなかったので、自分たち次第という感覚でした。

後半も途中から出た選手がエネルギーを与えてくれて、最後まで点を決めてくれました。90分を通じてはよかったと思います。

――相手が4-4-2のブロックを組んでくる中で、ビルドアップはうまくいったという感覚でしょうか?

もっとモリのところを簡単に使ってくれればというところもありましたけど、芝があまり走らない感覚でした。そこも含めて難しさはあったと思います。

――次戦は首位・大宮とのリーグ戦です。古巣対決でもありますが、気持ちはいかがでしょうか?

そこはケガをしたときに一番気にしていたところです。ちょうど大宮戦で戻れそうなので、またメンバーに入らないといけないですけど、気合いは入っています。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ