長野県フットボールマガジン『Nマガ』

森川裕基「ゴールは嬉しい。これが何かのきっかけになれば」【天皇杯1回戦・猿田興業戦/試合後コメント】

AC長野パルセイロ 7-0 猿田興業

 

――前後半でサイドを入れ替えましたが、柔軟に立ち位置を取れていたように思います。

相手が4バックだったので、まずはサイドバックとサイドハーフの間に立っていました。スズ(鈴木悠太)のところにサイドハーフが出たタイミングで、自分が降りればフリーになるのは分かっていました。そこでサイドバックが出てくるのか出てこないのかで、内側にいる(近藤)貴司とうまく連係が取れたと思います。

――ご自身の先制点は、普段であればクロスを上げる側だったと思います。

ゲームの中で貴司と入れ替わるシーンは何回かありました。どっちがどっちに行ってもできると思っていたし、お互いを見ながらうまくやれている感覚はありました。良いタイミングで折り返してくれて、あとは流し込むだけでした。貴司に感謝したいです。

――後半は内側に入る場面も見られました。

結構オープンになっていたので、左で出るなら自分の特徴を出したいという気持ちはありました。相手も結構疲れていたし、そこで仕掛けるシーンはいくつか作りたいと思っていました。

――ウイングバック争いに食い込んでいく上でも、良いアピールができたと言えるでしょうか?

日頃から手を抜いているわけではないし、アピールは続けています。それが今日は一つ結果という形で出たのはよかったです。

――今季初ゴールを取れたことについてはいかがですか?

去年は1点も取れなかった中で、公式戦も久々でしたけどゴールは嬉しいです。これが何かのきっかけになればいいと思います。

――出場機会が少ない中で、どのようにメンタルを維持していますか?

いろいろと思うところもありましたけど、やるしかないです。毎日自分ができることを100%やるというのは、トレーニングの中でも意識していました。その上で選ぶのは監督なので、いかに平常心でいられるかが大事だと思います。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ