長野県フットボールマガジン『Nマガ』

勝ち試合を落として敗退。J1相手に収穫と課題を持ち帰る【ルヴァンカップ1stラウンド3回戦・札幌戦/マッチレビュー】

AC長野パルセイロ 1-1(EX 0-0/PK 3-5)北海道コンサドーレ札幌

 

紛れもなく勝てた試合だった。前半の比較的早い時間帯に先制。その後も幾度となくチャンスを迎えたが、追加点を奪えず。終了間際に追いつかれ、PK戦の末に敗退となった。J1の雄を相手に善戦とも捉えられるが、勝ちきれなかった事実にも目を向けなければならない。

攻守ともに狙いが機能。厚みをもって先制

今試合の先発メンバー(長野:3-4-2-1、札幌:3-4-2-1)

リーグ前節から中3日の長野は、先発を2人変更。小西陽向と忽那喬司を2シャドーに据えた。それとは対照的に、中2日の札幌はスタメンを総入れ替えする。ベンチメンバーも6人の登録にとどまり、連戦を考慮した人選となった。

札幌は初期配置こそ3-4-2-1だが、攻撃時は4-1-4-1の陣形を取る。それに対して長野は、攻守ともに3-4-2-1。攻撃ではミラーゲームとなる中で、いかにズレを生んで前進できるか。守備ではミスマッチとなる中で、いかに前線から奪いに行けるかが焦点として挙げられた。

(残り 2096文字/全文: 2674文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ