長野県フットボールマガジン『Nマガ』

豊田晃大のクオリティに疑いなし。野心を忘れず、黄金の國へ【惜別コラム】

ボールを持てば何かが起こる。そんなワクワク感を抱かせる選手だった。

8月に名古屋グランパスから育成形期限付き移籍で加わった豊田晃大。出場機会を求め、中学から親しんだクラブを離れた形だ。キレのあるドリブルとパスセンスを備え、攻撃にアクセントを添えられる。FWからボランチまでこなせるユーティリティー性も魅力と言える。

同期とのコンビネーションにも期待が沸いた。合流から間もなく西田勇祐が大ケガを負ったが、木原励は高校時代から知る存在。豊田のスルーパスから、木原が抜け出す――。そんな想像が膨らみ、実際に練習で目にすることもあった。クオリティは疑いようがないだけに、試合で一度も見られなかったことが悔やまれる。

(残り 658文字/全文: 959文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ