ボラセパマレーシアJP

2024/25シーズンマレーシアスーパーリーグ第4節の結果とハイライト映像(1)
・今季未勝利同士の対戦はKLシティに軍配で佐々木選手のヌグリスンビランは開幕3連敗
・谷川選手が今季初ゴールを決めるもクチンシティは今季初勝利ならず

2026W杯アジア2次予選などで中断していたマレーシアスーパーリーグ(MSL)がおよそ1ヶ月ぶりに再開し、6月21日から23日にかけて第4節が開催されています。しかしマレーシアのスポーツメディアは、連日、ユーロ2024、そして先日開幕したコパ・アメリカ2024のニュースで溢れ、国内サッカーの記事は片隅に追いやられ、両大会が終わるまでは、そういった冷遇状態が続きそうです。

なお今季のMSLは13チームで編成されており、第4節はサバFCの試合はありません。 第5節は7月12日(金)から14日(日)に予定されています。
*試合のハイライト映像はマレーシアンフットボールリーグ(MFL)の公式YouTubeより

MSL2024/25第4節
2024年6月21日@トゥンク・アブドル・ラーマン・スタジアム(ヌグリスンビラン州パロイ)
ヌグリスンビランFC 0~3 KLシティFC
⚽️KLシティ:ブレンダン・ガン(28分)、パウロ・ジョズエ(73分)、S・シャルヴィン(90+3分)
🟨ヌグリスンビラン(0)、🟨KLシティ(0)、🟥ヌグリスンビラン(1):ジャック・フェイ
MOM:ブレンダン・ガン(KLシティFC)

ヌグリスンビランは今季初のホーム開催となったこの試合は、KLシティにとっては今季初のアウェイゲームとなり、ヌグリスンビランのダークレッドのホームユニフォームも良かったですが、この試合で初披露となったKLシティのロイヤルブルーのアウェイユニは、それ以上に良く、今季のMSLチームのアウェイユニの中で個人的に一番気に入りました。

ここまで0勝2敗で得点1失点7のヌグリスンビランと、0勝1分1敗で得点2失点6のKLシティといういずれも今季未勝利同士の対戦となったこの試合は。アウェイのKLシティが先制しました。28分、右サイドのパウロ・ジョズエからのクロスをブレンダン・ガンが頭でドンピシャに合わせてゴール!ブレンダン・ガンの今季初ゴールでKLシティが1点をリードしました。

KLシティのリードで折り返した後半の50分、危険なタックルでイエローカードを出されたヌグリスンビランのジャック・フェイがVARのチェックが入り、レッドカードで退場となると、それまで押し気味に試合を進めていたKLシティは数的有利を生かして2点を追加し、今季初勝利を挙げています。特に73分のパウロ・ジョズエのゴールは開幕から3試合連続、カップ戦も入れれば4試合連続となるとともに、在籍7シーズン、出場120試合目でクラブ最多記録を更新する通算43ゴール目となっています。

一方のヌグリスンビランはこれで開幕から3連敗で最下位に沈み、FAカップも合わせると4戦4敗で今季通算では得点1失点14となりました。なおヌグリスンビランの佐々木匠選手は先発して、フル出場しています。

試合後の会見で、移籍後初ゴールを挙げたブレンダン・ガンは、この試合のゴールが次節7月14日の「クラン渓谷ダービー」スランゴール戦に向けて自身を鼓舞するゴールになったと述べています。昨季まで4季にわたりキャプテンを務めていた古巣との対戦については、「スランゴールは(酸をかけられて負傷した)ファイサル・ハリムのためにチーム一丸となっていると言われているが、ファイサル・ハリムを思う気持ちはスランゴールだけでなく、どのチームにもある」と述べ、次はホームでの今季初勝利のために全力で臨みたいと話しています。

MSL2024/25第4節
2024年6月22日@スルタン・イブラヒム・スタジアム(ジョホール州イスカンダル・プテリ)
ジョホール・ダルル・タジムFC 3-0 スリ・パハンFC
⚽️ジョホール:ヘベルチ・フェルナンデス3(5分、67分、87分)
🟨ジョホール(2)、🟨スリ・パハン(3)
MOM:ヘベルチ・フェルナンデス(ジョホール・ダルル・タジムFC)

ベルグソン・ダ・シルヴァ、フェルナンド・フォレスティエリの両FWがベンチ外ながら、代わりの選手が遜色なく活躍したジョホール・ダルル・タジムFC(JDT)がヘベルチ・フェルナンデスのハットトリックで開幕4連勝を飾っています。

MSL2024/25第4節
2024年6月22日@サラワク州立スタジアム(サラワク州クチン)
クチンシティFC 1-1 トレンガヌFC
⚽️クチンシティ:谷川由来(28分)
⚽️トレンガヌ:サファウィ・ラシド(50分)
🟨クチンシティ(2)、🟨トレンガヌ(1)
MOM:谷川由来(クチンシティFC)

今季未勝利のクチンシティは、谷川由来選手の今季初ゴールで引き分けに持ち込んでいます。

前半をスコアレスで折り返した試合は、後半は激しい雨の中で行われました。自陣ペナルティエリア内で、クチンシティのロドニー・セルビンがイスマヒル・アキナデを倒すと、VARのチェックが入った結果、トレンガヌにPKが与えられます。この試合ではキャプテンバンドをつけたサファウィ・ラシドがこのPKを決めて、トレンガヌが先制します。

しかし80分にクチンシティは左サイドでFKを得ると、チェチェ・キプレはゴール前に蹴り込みます。トレンガヌGKスハイミ・フシンがキャッチに失敗してこぼれたボールを谷川由来が押し込みます。これもVARのチェックが入りますが、ゴールが認められてクチンシティが同点に追いつきます。

しかしその後は共に追加点を奪えず、1−1のまま終了しています。クチンシティの谷川由来選手は、先発してフル出場し、今季初ゴールを決めています。ユキは混乱した状況で賢明な行動をとってボールをトレンガヌのゴールに押し込んだ。

MSL2024/25第4節
2024年6月22日@シティ・スタジアム(ペナン州ジョージ・タウン)
ペナンFC 0-1 クダ・ダルル・アマンFC
⚽️クダ:エベネゼル・アシフアー(77分)
🟨ペナン(2)、🟨クダ(1)
MOM:エベネゼル・アシフアー(クダ・ダルル・アマンFC)

マレー半島北部にあるクダ州とペナン州の「北部ダービー」は、アウェイのクダがペナンを破り、今季初の勝点を獲得しています。

今季ここまで未勝利のペナンはホームでの勝利を目指しましたが、先日のFAカップ1回戦ではハットトリックを決めているエベネゼル・アシフアーが、途中出場ながら今季リーグ戦初ゴールで上げた1点を守り切ったクダに敗れています。

この両チームは来週7月5日にFAカップ準々決勝で再び顔を合わせますが、今季就任したペナンのアクマル・リザル監督は、試合後の会見では全体としてチームのパーフォーマンスは良いと話す一方で、些細なミスがこの日の敗戦の原因だと分析し、その上で、カップ戦も含めて過去5試合で2得点の攻撃陣の奮起を促したいと話しています。またこの試合では攻撃の中心として期待されているロドリゴ・ディアスがケガで欠場しましたが、来週のFAカップでは復帰できるだろうとも話しています。

MSL2024/25第4節
2024年6月23日@MBPJスタジアム(スランゴール州プタリン・ジャヤ)
スランゴールFC 2-1 ペラFC
⚽️スランゴール:ロニー・フェルナンデス2(24分、40分PK)
⚽️ペラ:ヌル・アズファル・フィクリ・アズハル(78分)
🟨スランゴール(1)、🟨ペラ(3)
🟥スランゴール(1):アレクサンダー・アギャルカワ、🟥ペラ(1):シャールル・ニザム・ムスタファ コーチ
MOM:ロニー・フェルナンデス(スランゴールFC)

30分以上10人での試合を強いられたスランゴールが逃げ切って、開幕から3連勝を飾っています。

24分にチリ出身のFWロニー・フェルナンデスのゴールで先制したスランゴールは、38分にアルヴィン・フォルテスがペラのトミー・マワトにペナルティーエリア内で倒されてPKを得るとこれもフェルナンデス選手が決めて、リードを2点に広げます。

前半から好機を作っていたペラは、64分にスランゴールのアレックス・アギャルカワが元FC琉球のワン・ザック・ハイカルへの激しいタックルがファールとなり、一発レッドで退場となると、数的有利を活かして78分にヌル・アズファル・フィクリ・アズハルのゴールで1点差に迫ります。しかし、試合終盤にペラが得点機を活かせなかったこともあり、スランゴールがなんとか逃げ切り、首位のジョホール・ダルル・タジムFCの勝点差3で追う2位に浮上しています。

MSL2024/25第4節
2024年6月23日@スルタン・モハマド4世・スタジアム(クランタン州コタ・バル)
クランタン・ダルル・ナイムFC 1-0 PDRM FC
⚽️クランタン:オデイ・ハロウブ(29分PK)
🟨クランタン(2)、🟨PDRM(2)
MOM:オデイ・ハロウブ(クランタン・ダルル・ナイムFC)

試合前には、この試合に勝てば選手や監督コーチにも特別の勝利給が与えられることを発表したクランタン・ダルル・ナイム(KDN)は、ホームでPDRMを1-0で破り、待望の今季初勝利を挙げています。

そこの試合唯一の得点は28分のパレスチナ代表FWオデイ・ハロウブのPKによるものでした。28分にPDRMのアリフ・ナジミ・シャイニがペナルティエリア内でミハル・ジラベクを倒すと、VARのチェックが入り、判定はPKとなります。これをオデイ・ハロウブが決めて、KDNがリードします。なそオデイ・ハロウブは母国パレスチナの国旗をカメラに示してゴールを祝う場面も見られました。その後は両チームとも得点がなく、KDNが今季初勝利を挙げています。

PDRM FCの鈴木ブルーノ選手は先発して、フル出場しています。

2024/25マレーシアスーパーリーグ順位表(第4節終了)

順位 チーム 勝点
1 JDT 4 12 4 0 0 14 2 12
2 SEL 4 9 3 0 1 7 4 3
3 TRE 4 8 2 2 0 7 2 5
4 SAB 3 7 2 1 0 5 3 2
5 KLC 3 4 1 1 1 5 6 -1
6 PDRM 4 4 1 1 2 4 5 -1
7 SRP 3 4 1 1 1 3 5 -2
8 KCH 4 3 0 3 1 5 6 -1
9 *KDA 4 3 2 0 2 2 3 -1
10 PEN 4 3 0 3 1 1 2 -1
11 PRK 4 3 1 0 3 6 8 -2
12 KDN 4 3 1 0 3 3 7 -4
13 NSE 3 0 0 0 3 1 10 -9
チーム名:JDT-ジョホール・ダルル・タジムFC、SELースランゴールFC
SAB-サバFC、TREートレンガヌFC、SRP-スリ・パハンFC
KLC-KLシティFC、KDA-クダ・ダルル・アマンFC、PEN-ペナンFC
PRK-ペラFC、PDRM-PDRM FC、NSE-ヌグリスンビランFC
KDN-クランタン・ダルル・ナイムFC、KCH-クチンシティFC
*クダ・ダルル・アマンFCは開幕前に勝点3剥奪処分を受けています。
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ