ボラセパマレーシアJP

2024/25シーズンマレーシアスーパーリーグ第2節の結果とハイライト映像(3)・強盗傷害事件被害のアキヤ・ラシドが今季初出場

5月17日から19日にかけて、今季2024/25シーズンのマレーシアスーパーリーグ(MSL)第2節が開催されています。
なお今季のMSLは13チームで編成されており、第2節はKLシティFCの試合はありませんでした。

MSL2024/25第2節
2024年5月19日@サラワク州立スタジアム(サラワク州クチン)
クチンシティFC 2-2 スリ・パハンFC
⚽️クチンシティ:チェチェ・キプレ(19分)、ジョーダン・ミンター(45+1分)
⚽️パハン:アダム・ノー・アズリン(64分)、マヌエル・イダルゴ(78分)
🟨クチンシティ(0)、🟨パハン(4)
MOM:マヌエル・イダルゴ(スリ・パハンFC)

第1節ではKLシティFCと1−1で引き分けていたクチンシティFCは、ホーム初戦で2点のリードを守れず、2試合連続の引き分けに。
昨季5位のスリ・パハンをホームに迎えた同13位のクチンシティFCは、19分に左コーナーキックをファーサイドの谷川由来選手が折り返し、これをジョーダン・ミンターがオーバーヘッドでシュート!このボールは味方のペドロ・エンリケに当たりますが、そのこぼれ球をチェチェ・キプレが蹴り込んでゴール!リVARのチェックでもゴールが認められて、クチンシティFCが先制します。さらに前半終了間際には、ショートコーナーからアラウディン・ファリドのクロスにジョーダン・ミンターが頭で合わせてゴール。新加入FWコンビが期待通りの働きを見せたクチンシティFCが2-0として前半を折り返します。
後半に入っても押し気味に試合を進めたクチンシティFCが追加点を奪えずにいた54分にはルジエフ・クヴォンディク、56分にはステファノ・ブルンドがシュートを放つなど、スリ・パハンFCも反撃に転じます。そして64分には左サイドで得たFKをマヌエル・イダルゴがゴール前へ挙げると、これをアダム・ノー・アズリンがヘディングシュートでゴールを決めて、スリ・パハンFCが1点差に詰め寄ります。66分のステファノ・ブルンドのシュートはVARによりオフサイドとなりますが、74分にはゴール前の混戦から出たボールをマヌエル・イダルゴが蹴り込んで、これが同点ゴールとなります。その後は両チームとも好機を得ながらゴールにはつながらず、12分のロスタイムを経て、2−2のまま試合終了。1ゴール1アシストのマヌエル・イダルゴがMOMに選ばれています。
クチンシティFCは次節では同じボルネオ島に本拠地を持つサバFCとの「ボルネオダービー」が控えており、スリ・パハンFCは今季のリーグが13チーム編成のため、試合がありません。
クチンシティFCの谷川由来選手は先発してフル出場しています。

この試合のハイライト映像。Astro ArenaのYouTubeチャンネルより

MSL2024/25第2節
2024年5月19日@シティ・スタジアム(ペナン州ジョージ・タウン)
ペナンFC 0-0 トレンガヌFC
🟨ペナン(2)、🟨トレンガヌ(3)
MOM:ネト・オリヴェイラ(ペナンFC)

開幕戦でサバFCと0−0で引き分けたペナンFCは、この試合でもスコアレスドローで2試合を終わって、リーグで唯一ゴールのないチームになっています。
両チームとも試合開始から積極的なプレーを見せる中、38分にペナルティエリア外でトレンガヌFCがFKを得ると、この試合ではキャプテンマークをつけたサファウィ・ラシドが左足から強烈なシュートを放ちます。ペナンGKシーク・イズハンがこれを弾くと詰めていたマヌエル・オットがそのこぼれ球を押し込みますが、VARのチェックがないままオフサイドと判定されます。
0-0で前半折り返すと、68分には新加入のナビル・ラトピのヘディングシュートがやはりVARのチェックで認められないなど、両チームとも無得点のままロスタイムに入り、試合終了直前のサイゴンプレーではアリフ・イクマルリザルのヘディングシュートをトレンガヌGKサイド・ナスルルハクがスーパーセーブで防ぎ、試合は0−0のまま終了しています。
トレンガヌFCは、5月3日に強盗傷害事件に遭い、頭などを4針縫うケガを負ったアキヤ・ラシドが先発して77分までプレーしています。前節はベンチ外だったものの、この試合ではヘディングシュートを放つなど、元気な様子を見せていました。

この試合のハイライト映像。Astro Arenaの公式YouTubeチャンネルより。

2024/25マレーシアスーパーリーグ順位表(第2節終了)

順位 チーム 勝点
1 JDT 2 6 2 0 0 6 1 5
2 TRE 2 4 1 1 0 3 1 2
3 SAB 2 4 1 1 0 3 2 1
4 SRP 2 4 1 1 0 3 2 1
5 PDRM 2 3 1 0 1 3 3 0
6 SEL 2 3 1 0 1 1 3 -2
7 KCH 2 2 0 2 2 3 3 0
8 PEN 2 2 0 2 0 0 0 0
9 KLC 1 1 0 1 0 1 1 0
10 KDA* 2 0 1 0 1 1 1 0
11 KDN 2 0 0 0 2 2 4 -2
12 NSE 1 0 0 0 1 1 3 -2
12 PRK 2 0 0 0 2 3 6 -3
チーム名:JDT-ジョホール・ダルル・タジムFC、SELースランゴールFC
SAB-サバFC、TREートレンガヌFC、SRP-スリ・パハンFC
KLC-KLシティFC、KDA-クダ・ダルル・アマンFC、PEN-ペナンFC
PRK-ペラFC、PDRM-PDRM FC、NSE-ヌグリスンビランFC
KDN-クランタン・ダルル・ナイムFC、KCH-クチンシティFC
*クダ・ダルル・アマンFCは開幕前に勝点3剥奪処分を受けています。
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ